IT機器の導入には不可欠!EMC試験の意義

電気製品のノイズ耐性を測定

EMCとはElectro Magnetic Compatibilityの略で、電気機器等が内外からの妨害電磁波に対して、動作阻害や機能阻害を測定する耐性試験のことです。妨害電磁波には、製品自らが発生させるものと周囲の電気製品等に起因するものがあります。後者には太陽風などの自然現象が含まれる場合もあり、その都度、適切な測定処置が必要になります。EMC試験では、前者の影響を調べるものをEMI試験と呼び、後者の場合をEMS試験と呼び大別しています。

全世界共通の測定方法

電気製品である以上、電磁波ノイズの発生は避けて通れません。そして、ノイズの強さの許容範囲を設定することが大事になり、具体的に数値を設定する必要があります。特にIT機器に関しては、ノイズが動作に大きな影響を及ぼすので、耐性の数値化は必要不可欠になっています。それ故、ノイズを細かく測定するための専用機器や専用設備が必要になるわけです。また、EMC試験の測定方法に関しても、詳細に規定されており、全世界共通の測定方法があるわけです。

伝導エミッションと放射エミッション

電磁波ノイズには様々な種類があり、経路によって伝導エミッションと放射エミッションに分かれます。前者では電源線を通って出るノイズで、LISN(電源インピーダンス安定化回路網)という装置で測定します。一方、放射エミッションは電波として放たれたノイズで、アンテナを使って測定します。この場合は、製品のどの部分から強くノイズが出ているか図るため、大変難しい測量方法となっています。但し、現在は専用のソフトウェアが開発され、比較的短時間で測定することが可能です。

EMC試験とは、電気・電子製品が外部からの妨害派波等に耐えられるかを確かめるために行われる試験です。