限られたスペースに回路を書く!?CADなら移動や削除が自由自在!

範囲を指定して自在に移動が出来ます

回路図を手書きで書いていると、用紙の中に収まり切らなくなり、今まで書いた回路の一部を消して、間隔を詰めるなどの修正が必要になる事もあります。

手書きの回路が完成しても、途中で回路変更が生じてしまい、トランジスタを数個回路図に書き入れなければならない場合、余白に追加の回路を書いて、結線を大きく引き回して無理やり追加するなど、回路図が読みにくいものになる事も珍しくありません。

CADの場合は、範囲を指定してから移動コマンドを選択すると、間隔を詰める事も簡単に出来ますし、手書きのように消す作業が要らなくなるため、回路が追加になった時でも短時間で回路図を完成させる事が出来るようになります。

シンボルを呼び出せば簡単に回路図を書けます

回路図には電子部品のシンボルを書く事で、回路の流れなどを把握する事が出来るようになります。

手書きで回路図を書く場合には、電子部品のシンボルを一つずつ書いて行く必要がありますが、CADの場合はシンボルを登録する事が出来る、抵抗やコンデンサなど一般的な電子部品のシンボル図は既に登録が行われているため、特殊なシンボル図だけを作成して登録を行っておけば、回路に必要なシンボルを読みだす事が出来るようになります。

ちなみに、シンボル図を読みだした時には、縦方向や横方向などに関係なく、画面上に表示が行われるのですが、CADは自在に回転が出来るので、シンボル図を読みだした後に回転する事で、回路に必要な方向でシンボル図を回路内に挿入する事が出来ます。

電気CADは日々進歩しています。なぜなら技術革新により新しいシステムがどんどん誕生しているからです。