工場のトラブルを防ぐために!丁寧な酸洗いを行いましょう

頑固な錆びなども落とせる可能性があります

工場の内部で使われている歯車やネジなどに、小さなサビが発生しているけれど、拭いても取れないで放置しているのは本当に危険な事です。
そのサビが原因で歯車などのパーツが上手く噛み合わなくなり、突然にパーツが外れてしまって大事故に繋がる可能性もあります。
もし工場で使われている機器にサビを見つけたのであれば、酸洗いの依頼をする事によって、どれだけパーツが綺麗になるのか試してみてください。
強力な酸を使いながらサビなどの汚れを落とす上に、しっかりと水洗いをしてくれるからこそ、パーツの表面が新品のように綺麗になってくれます。
サビを取り除くだけで、工場の機器の動きが一気に良くなったと喜んでいる人も大勢います。

機器への悪影響が出にくい酸洗い

歯車などのパーツのサビを落とすために、酸洗いを利用しようか迷っている方々は、酸を使う事でパーツが変形しないか心配している人もいます。
そんな方々に知ってもらいたいのが、酸洗いを行う際にはサビなどの汚れだけを落とせるように、酸の濃度を細かく調整しているという点です。
酸洗いを行う事になるパーツの状態をチェックしながら、その汚れに合う酸を選ぶからこそ、パーツに余計な負担をかけずに済む点が喜ばれています。
最後に水などでパーツを洗浄する際にも、水圧が強すぎてパーツにダメージを与えてしまわないように、細かい調整を行ってもらえます。
新品同様に綺麗にするために、酸洗いを依頼してている方々が多いのは、酸洗いを行う職人の腕前を信頼しているためです。

金属製品の錆や汚れを取り除く酸洗いは人体に有害な成分が気化しやすい特徴があります。安全に作業を行うためには専用の防護マスクを使う他、作業場を十分に換気することが大切です。