もしかしてうつ?診断にはどの科に行ったらいいの?

病院の「何科」に行ったらいいのか

風邪をひいたら内科、骨折したら外科など、わかりやすく迷うことも少ないですよね?また、病気の種類によって、受診する「科」も違いますね。実は、医師も自分の専門というのが細かくあるんです。しかし、心の病気の場合には、似ている科が色々あります。たとえば、精神科・心療内科・神経科などがあります。
実は別に知らなくても、病院に行けば治療のために適切な科を教えてくれます。とはいえ、あらかじめ「ここに行けばいい」と知っておけば、病院をたらい回しにされたり、なんどもほかの病院に行ったりして、時間やお金を無駄にしなくてすみますよね。

心身症は心療内科へいこう

精神科というと、悪いイメージを持つ方もいるかもしれませんね。その一方で、心療内科のほうが行きやすい、と感じるかもしれません。心療内科は、主に心身症を扱ってます。この「心身症」とは、簡単に言えば、「心」に何らかの原因があり、その結果「体」に病気のような症状が出ている状態のことなんです。なので、たとえば精神的ストレスから胃潰瘍になってしまった、という場合は、まさに心療内科が適切です。自律神経失調症などもは、心療内科に行くことをお勧めする症状です。
一方で、体に症状が出ていない場合、心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などの症状の場合は、精神科が専門です。うつ病の場合は、精神科を受診することをお勧めします。
なお、神経科は、脳や脊髄などの神経を専門とする場合があります。名称だけだとちょっとわかりにくいかもしれませんね。

岡山の心療内科は大学の医師が派遣されているところが多いですので、地元の医療機関で診断が難しいときは大学病院を紹介されます。