照明をLEDにすると沢山メリットが出てくる!LEDの3つのメリットを紹介!

電気の消費量が少ないLED照明

新しい照明としてLED照明が現在は販売されて、普及してきています。そして、そんなLED照明の特徴は消費電力が少ないということです。一般的な蛍光灯や白熱電球と比べると、少ない電力で、明るく発光してくれます。なので、住宅やオフィスの電気をLEDに変えることは、節電にもつながってきます。また、消費する電力量が少なくなれば、それはエコにも繋がります。ですので、これから新しく照明を取り付ける時にはLED照明も使ってみましょう。

寿命が長いので経済的

更にもうひとつLED照明にも魅力があり、それは寿命がとても長いということです。一般的な蛍光灯の二倍程度の寿命を持つ蛍光灯型のLED照明が販売されています。ですので、それだけ交換する回数が減って、お金も掛かりませんし、照明を交換する手間も少なくなってくるのです。消費電力が少ないだけでなく、一度交換したら、長い期間ずっと使えるので手間要らずとなっています。

熱くならないから家事などの心配も少ない

また、従来型の照明は長時間スイッチを入れっぱなしにしていると、照明自体が熱くなってきますし、照らされている部分にも熱が発生します。余程のことがなければ発火することはありませんが、非常に燃えやすいものが近くにあったり、環境が整ってしまうと、発火して火事になる恐れもあります。しかし、それに対してLED照明は熱を殆ど発しませんので、火事になる心配も少ないのです。以上、3つのメリットがあるので、照明を使いたい時にはLED照明がオススメなのです。

LEDライトパネルとは、高輝度のLEDを光源にしてデザインを背面からライトアップするパネルです。鮮やかで目立つため店舗の看板等で使用されています。